【横浜】「しょうゆ・きゃふぇ」のとろ~り濃厚、作る生プリンが絶品!

7.jpg



横浜観光に来ていたのですが、その過程で「しょうゆ・きゃふぇ」に行ってきました。


「しょうゆ・きゃふぇ」は『海が見える丘公園』から外人墓地に下る道を更に下っていった坂の途中にあります。『エリスマン邸』の中に入っているカフェで、パッと見は外から直接入れるように見えるのですが、写真のようにエリスマン邸の正面から入り、そこから店内へという形になっています。



P3250283.jpg

▲ エリスマン邸


こちらのエリスマン邸は洋館に関する資料なども展示してある所で、昔の厨房部分が「しょうゆ・きゃふぇ」として使われているそうです。詳細はHPでどうぞ。



P3250275.jpg


P3250277.jpg



エリスマン邸

エリスマン邸は、生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。大正14(1925)年から15(1926)年にかけて、山手町127番地に建てられました。設計は、「近代建築の父」といわれるチェコ人の建築家アントニン・レーモンドです。創建当時は木造2階建て、和館付きで建築面積は約81坪。屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽...



P3250281.jpg

▲ 入り口の看板


正面入口から入ると靴を脱ぐ場所があるので、そちらで靴を脱いで中に上がります。そうすると目の前にドアがあり、そこからカフェの中に入ることが出来ます。



P3250274.jpg

▲ 店内


窓際に面した席からは外を眺めることが出来ます。立地上あまり見晴らしが良いわけではないのですが(笑) すぐ下に弓道場があるみたいで、練習している人たちが見えました。

私が行ったのは開店して間もなくだったのですんなり入れたのですが、席数が20~25席ほどなので結構すぐに満席になってしまうようです。



さてさて。こちらのお店の名物をさっそく注文しました。



P3250247.jpg

▲ 元祖 生プリン ¥800


えっ。白いプリン???????ってなりますよね。

ところがこちらのプリン、これから自分の手で作るんです。



P3250250.jpg


P3250251.jpg


一緒に添えられてきた二ワトリの『コッコちゃん』を押すと中から卵黄が!それを白いムースの上にぽとりと落とします。



P3250252.jpg



コッコちゃんが産み落とした玉子が白いムースに映えます。これだけで美味しそう…。



P3250255.jpg


P3250257.jpg


カラメルソースをとろーり。



P3250261.jpg


P3250262.jpg


P3250263.jpg


そしてぷっくりと膨らんだ卵黄にスプーンをプスリ。これを混ぜてプリンを作ります!



P3250264.jpg


P3250266.jpg


P3250270.jpg


P3250271.jpg


P3250267.jpg


こうして完成しました、生プリン!!!!

写真しつこくてすみません(笑)いっぱい撮ってしまった…。



P3250269.jpg


若干混ざって無い感じが否めませんが、仕方ないですよね。うん。


いざ食べてみると、本当にトロトロで、普通のプリンじゃ絶対に味わえない食感にびっくり。もう飲むプリン。ツブツブした食感もあるので、物足りなさもなく美味しかったです。食べるまでの過程も楽しく、味もいい。文句なしの一品!




P3250276.jpg



こちらでは他にも季節限定の生プリンを展開しています。行く時によって違う味のプリンが楽しめるのも素敵ですよね。

海が見える丘公園や外人墓地付近までお散歩した際は、休憩がてら是非こちらへよってみては。素敵な洋館と美味しいプリンがお待ちしております。



しょうゆ・きゃふぇ

神奈川県横浜市中区元町1-77-4 エリスマン邸内

045-211-1101


10:00 ~ 16:30 (L.O.16:00)

※第2水曜日定休(祝日は営業、翌日代休)


みなとみらい線 元町・中華街駅A5番より徒歩5分

※予約不可


訪問日:2017.03.25

Comments 0

Leave a reply