【原宿】明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする「明治神宮」へ参拝

DSC06001.JPG

 

 

原宿の『明治神宮』に参拝しに行きました。

寺社巡りについては、とりあえず2015年以降のものから載せていこうと思います。

 

午前中で仕事が終えて午後が振休、ということで同期と恵比寿ランチをしてから暇だったのでこちらにやってきました。この日の恵比寿ランチについてはまたいずれ。

 

原宿駅を出てすぐの場所、明治神宮。

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。明治天皇と昭憲皇太后が崩御になった後、国民から御神霊をお祀りして、御聖徳を永遠に敬いお慕いしたいという願いが集まり、1920年に両御神祭と特にゆかりの深い代々木の地にご鎮座となり、明治神宮が創建されました。

年間を通して多くの祭典や奉納行事が行われ、毎月1・15日には「月次祭(国の平安と氏子崇敬者の安泰を祈る)」が斎行されています。また一年中欠かすこと無く御日供祭が行われ、皇室の弥栄、国家の安泰、国民の幸福と世界の平和が祈願されています。

 

 

DSC05980.JPG

▲ 二の鳥居をくぐった先にある看板

 

 

DSC05976.JPG

▲ 南参道

 

一の鳥居を抜けて、鬱蒼と木が覆い繁る南参道を一人でのんびりと歩いていく。木に日差しも遮られ、秋の暖かさが少し肌寒くなるくらい。平日といえど、参拝客は多く外国人観光客もたくさんいました。

 

 

DSC05977.JPG

▲ずらりと並ぶ酒樽

 

参道を歩く途中に飾られている酒樽。色々な神社やお寺にもありますが、こちらの明治神宮にも奉納された酒樽がたくさん。

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、これの反対側にはワイン樽が同じように並んでいます。明治天皇がワイン好きで、フランスのブルゴーニュワインが奉納されるようになったそう。フランスとの架け橋ですね。酒樽が並ぶこの場所は外国人の方たちは興味深そうに眺めてました。

 

 

DSC05979.jpg

▲ 二の鳥居

 

南参道と北参道の合流地点である第二鳥居。檜造の明神鳥居としては日本一の大鳥居で高さは12m。ここを潜って更に社殿へと進んでいきます。

直進した突き当りに先程の明治天皇と昭憲皇太后の看板があり、参道が右に曲がるのですが、この角度は直角ではなく「88°」に設定されています。あえて末広がりの角度にすることで参拝者の幸福を祈っていると言われ、通る人にご利益があるそうです。

 

 

DSC05981.JPG

▲ 手水舎

 

DSC05984.JPG

▲ 楼門

 

手水舎で手口を清めて、楼門をくぐります。参道はそこまで人は多くなかったんですけど、ここまで来たらたくさんの参拝客がいて、静かな場所ながらも活気がありました。

 

 

DSC05985.JPG

▲本殿(拝殿)

 

やっと辿り着きました。本殿です。早速参拝。この時何をお願いしたのかは忘れました…何だったかな。

多くの人で溢れる拝殿。次々と色々な人達が参拝してお願い事をしていました。

 

 

DSC05989.JPG

 

また撮るのを忘れてたんですが、この木の反対側、本殿に向かって左側に2本の楠が並んでおり「夫婦楠」としてパワースポットになっていて夫婦円満、良縁を結ぶものとして親しまれているそうです。夫婦楠の間から本殿を見るのが良いみたいですよ。

 

 

そして、本殿向かって右側に進むと神楽殿が。内部の願主席は160畳分の広さがあって800人参列することができるそうです。

この神楽殿で御朱印を戴けるので、戴いてきました。

 

▲ 明治神宮 御朱印(初穂料500円)

 

すごい若い巫女さんに書いていただいたんですけど、若い方でこういうのを書けるのってすごい素敵だなって毎回思います。こういうのを書けるような人になれたらいいな…(笑)久しぶりに書道やりたくなってくる。

ちなみに、明治神宮の御朱印帳と御朱印あわせて1000円のお納めで頂くこともできます。御朱印帳も含めて1000円ってすごい安いですよね…。

 

 

 

さて、寺社巡り第一弾はここまでです。

なんだかんだ時間がなくて今回は清正井など回らなかったので、また今度参拝したときに回りたいなと思ってます。

 

明治天皇がワイン好きだったことなど初めて知りました…。角度とか、そういうところにも拘るのか…と。

 

明治神宮は2020年の東京オリンピックで創建100周年を迎えます。

都会の中にある人工林によって創られた空間は涼しく、厳かな空気を感じられる素敵な場所です。

是非、時間があるときにでも参拝しに行ってみてください。それでは。



       
明治神宮

東京都渋谷区代々木神園町1-1

JR山手線 原宿駅  原宿口  徒歩1分


開閉門時間:日の出と共に開門し、日の入りに合わせて閉門するため月により時間が異なる。


創建:大正9年(1920年)11月1日

祭神:明治天皇、昭憲皇太后

例祭:11月3日


御朱印受付時間:9:00~17:00(11月から2月は閉門時間まで)

御朱印受付場所:神楽殿


訪問日:2015.10.26

Comments 0

Leave a reply